麻袋入りミニ石鹸はタイ土産にもピッタリ!購入場所紹介も。

シェアする

麻袋入り石鹸

タイでは、その土地の利を生かしてさまざまなハーブが育てられています。

また、その健康に関する独自の文化と知識をもってして、日本とはちょっと違った、時には日本よりも質の良いコスメが安く手に入る事もあります。

さて、そんなタイコスメ?として有名なのが「せっけん」。

でもって、今日ご紹介するのは、やはり、日本ではあまり見ない形状?仕様?の「麻袋に入った石鹸」プロダクトです。

バスミトンのようにして使える優れもの。女子土産にもピッタリ♡

スポンサーリンク

「袋入りナチュラル石鹸」ってこんな感じです。

さて、そんなプロダクト(なんて呼べばのかわからないんで「袋入りナチュラル石鹸」…とします。ちなみに私がGETした商品には「Supaporn」というブランド名が書かれていました)について、仕様とか使い方をご紹介します。

麻袋入り石鹸 裏面

↓さて、こちらが中身です。

麻の袋?の中にはキューブ状に小さく刻まれたた100%天然石鹸が入っています。

麻袋入り石鹸

使い方

そのまま体にこすり付けて使います。

コロコロとした石鹸がたくさん入っているのでマッサージ効果もあるみたい!

あと、私は下着入れの中に入れたりもしています。
ほんといい香り♪

「袋入り石鹸」を買えるのはココ

ドラッグストア

さて、そんな「麻袋入りの天然石鹸」は、ドラッグストアなどで手に入ります。

首都バンコクであれば、歩いていれば結構見かけますし、チェンマイなどの地方都市でも、空港などで探せば、さして苦労なく手に入るんじゃないしょうか。

↑ちなみに、バンコクの中心地にて「ファーマシー」と検索しただけで、こんなに!

ドラッグストアとして有名なのは、Bootsや、Watsons。

タイ ワトソンズ

スーパーマーケット

今回私が実際に利用したのは、チェンマイにあるリンピンマーケット。

チェンマイ リンピンスーパーマーケット

もちろん他の主要なスーパーマーケットでも販売されていると思うので探してみて~!

コンビニでも売ってました!

そしてそして、私はコンビニ(セブンイレブン)でも発見しました。
↓写真、ちょっとボケてて申し訳ないけど…ホラね!お値段は39バーツとお手頃。

プチプラ価格で、バラマキ土産にしてもいいお値段ですよね。

タイのコンビニで見た石鹸

高級ホテルではアメニティでも!

また、ちょっと変わったGET場所?が、高級ホテルのアメニティとして。

写真は、マンダリンオリエンタルホテルのアメニティ。

マンダリンオリエンタルのオリジナルスパプロダクト

タイらしい?ベビーパウダー(タルク)やマウスウォッシュなどといっしょに、麻袋入り石鹸、そしてヘチマ入りのモノも!

スポンサーリンク
タイ 持ち物 注意点 準備
タイ女子旅 おみやげ
タイ女子旅 おみやげ
タイ女子旅 スパ マッサージ
タイ女子旅 観光スポット

シェアする