究極のまつ毛美容液?!タイに行ったら絶対に「ルミガン」を買わなきゃ!!

シェアする

タイ ルミガン

「もうコレがあったら、どんなまつ毛育毛剤も、まつ毛サプリもいらないじゃん…」

と、個人的に密かに衝撃を受けていて、以前から愛用している「ルミガン」。

日本では、処方箋がないと購入しづらいという事で、ちょっとだけ入手困難な目薬なのですが、数年前からコスメフリーク女子の間では知られた存在で、こっそり使っている人も多いという、そんな位置づけのモノ…。

「ルミガン」を日本から個人輸入サイトを使って購入する方はこちらから(くすりエキスプレス)

スポンサーリンク

タイ土産として「ルミガン」が推奨されている理由

今回ご紹介の「ルミガン」、なんとタイでは、そのへんのドラッグストアで気軽に買えてしまう…という事で、「タイのツウなコスメ土産」としては定番中の定番になっています。

しかも、日本でちょっと苦労して手に入れるのと比較しても、安いというオマケ付き。

「ルミガン」とは?

ご存じの方も多いと思うのですが、改めて「ルミガンって何なの?」というお話。

ルミガンは本来、緑内障の目薬です。

緑内障の目薬には、「ビマトプロスト」という有効成分が入っているのですが、これにまつ毛を伸ばす(厳密にいえば、まつ毛を抜けづらくする?)副作用があります。

タイ ルミガン

緑内障の目薬ですが、通常の人が使っても特に問題ないために、冒頭で書いた通りコスメフリークの間で大変なブームになりました。

さらに詳しく知りたい方は、バンコク「ブレズ薬局」さんのブログでも紹介されていますので、そちらをご確認あれ~。

「ルミガン」の使い方と注意点

アイラインを入れるような場所に、薄く塗布します。

片目1滴で充分。
数%の人に、「塗布した場所に色素沈着」が起こるという副作用が報告されています。(使用をやめると黒ずみは消えます)

何にせよ、もったいないですし、つけすぎにご注意あれ。

てなワケで、タイで「ルミガン」を買ってみた

今回のタイ旅で、とにかくいち早くルミガンが欲しかった私。(どんだけ焦ってるんだ・笑)

一番最初に出会った、プロムポン駅近くのヴィラマーケットに併設している「Pharma Tree」でGETしました。

Pharma Tree

そのあと、チェーン店であるドラッグストア「Boots」でも見かけたので、薬局やドラッグストアならば、たいてい置いてあるんだと思います。気軽に買えてイイね!

薬剤師さんに「ル…ルミガン…」とヨチヨチ話しかけると、すぐに察してくれ、出してくださいました。

おそらくですが、タイの薬局ならばたいていどこでも「日本人の女の子が来たらだいたいコレを買うんでしょう」ってな具合で慣れていて(笑)、Ratin-Aクリームやヒルドイドなども同様に、欲しそうにしていたらすぐにわかってもらえます。

タイの薬局

無事GET。やったー!

「ルミガン」を日本から個人輸入サイトを使って購入する方はこちらから(くすりエキスプレス)

「ルミガン」を買えるのはココ

ルミガンは、前述の通り薬局やドラッグストアで手に入ります。

首都バンコクであれば、歩いていれば結構見かけますし、チェンマイなどの地方都市でも、空港などで探せば、さして苦労なく手に入るんじゃないしょうか。

↑ちなみに、バンコクの中心地にて「ファーマシー」と検索しただけで、こんなに!

ドラッグストアとして有名なのは、Bootsや、Watsons。

タイ ワトソンズ

薬局ならば、さきほどブログをご紹介したブレズ薬局なども有名です。

ブレズ薬局

スポンサーリンク
タイ 持ち物 注意点 準備
タイ女子旅 おみやげ
タイ女子旅 おみやげ
タイ女子旅 スパ マッサージ
タイ女子旅 観光スポット

シェアする