【バンコク】女子旅ライターいちおし!美味しいタイ料理を食べるなら「ブルーエレファント」

シェアする

ブルーエレファント お皿

今回のタイ女子旅で、さまざまなタイキュイジーヌのレストランをドッグイヤーしていたのですが、その中から現地ガイドさんが「ここがダントツにおすすめよ」と指さしてくれたのが「ブルーエレファント」でした。

雰囲気、そしてお味、スタッフさんの対応…

なるほど、どれをとっても申し分ない完璧なレストラン。

皆様にもグイグイとご紹介すべく、このページではそんな「ブルーエレファント」についてお届けしたいと思います。

「ブルーエレファント」の店舗詳細、口コミをチェックする!
ブルーエレファントをWEB予約する!(このレストランは予約がおすすめです。)

スポンサーリンク

「ブルーエレファント」とは

場所 アクセス

まずはアクセスから。

ブルーエレファントは、シーロム通り周辺にあります。
Surasak(スラサック駅)からすぐ!

住所:233 S Sathorn Rd, Khwaeng Yan Nawa, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120 タイグーグルマップで開く

ブルーエレファントの成り立ち

ブルーエレファントは、ベルギー発の高級タイ料理レストラン。

パリやロンドンなど、ヨーロッパを中心に展開し、タイには逆輸入の形で入ってきました。

ブルーエレファント シェフの賞歴

バンコク店では、賞歴多数な女性シェフ ヌーローさんのお料理がいただけます。

タイ料理店 ブルーエレファント 天然素材

地元の新鮮な食材を使用している…というこだわりも嬉しい。

てなワケで「ブルーエレファント」に行ってきた!

ホテルからブーンとタクシーを利用し、やってきましたブルーエレファント。

築100年を超える洋館は、その発祥のベルギーを思わせる外観。

ブルーエレファント 外観

いや、ほんとに、私がブリュッセルで入ったムール貝が美味しいレストランにそっくりです。色まで。

オリジナルのインテリアが素敵…!

店内に入ると、上品で落ち着いた雰囲気にホッとさせられます。

お店は、在タイの外国人、そして観光客などが客層…といった感じ。

バンコクブルーエレファント 店内の様子

特に印象深かったのが、隣にいた、お金持ちそうなおひとり様の若いタイ美人。

英語が得意ではない私たちを自然とフォローしてくれたり、クールながらも優しい彼女は、その日たまたま誕生日だったらしく、お店からのサプライズで祝われていました。

お店の人が誕生日を知ってるなんて…。
本当によっぽどの常連さんですよね。

バンコクブルーエレファント 店内の様子

さて、さらに特筆すべきが、使われているオリジナルのファニチャー?というか、グッズ…と言った方がいいのでしょうか、椅子のカバー、テーブルクロスやコースター、お皿、カトラリーなど。

ご覧の通り、ブルーエレファントのロゴが使われています。お洒落…。

タイ料理店ブルーエレファントの象さん型ポット

そして、このポットの可愛さと言ったら!

実はこちら、レジ横にあるショップ(後述)にて、1000円前後で購入できます。

「ブルーエレファント」おすすめメニュー

メニュー表(日本語Verもありました。)を見せていただき、いよいよお食事へ…

バンコク ブルーエレファント メニュー表と価格

ベジタリアンメニューも用意されているのは、さすが高級店。

まずは前菜から…。

ブルーエレファント 前菜

トムヤンクン

「トムヤンクン」…タイ料理といえば、まずは思い出すという人も多いんじゃないでしょうか。

ブルーエレファントは、ガイドブックでも、「トムヤムクンが間違いないレストラン」と紹介されることも少なくありません。

エビの旨味に辛味、酸味、甘みがバランスよく味わえるトムヤムクン。
結構辛いのでご注意を。

ゲーンマッサマン(羊のマッサマンカレー)

こちらも絶対に食べて欲しい一皿!

写真のツボの中に入っているのは、羊肉を使ったマッサマンカレー「ゲーン マッサマン」です。さー、女子旅らしくなって参りましたね(笑)

羊のマッサマンカレー

紫芋も使われていて、ビジュアル的にもかなり面白い感じ。

ご飯は、タイらしい籠のおひつで、赤米と通常のタイ米、2種類持ってきてくれます。

ブルーエレファントの赤米とタイ米

「どちらにします?」と言われたので、私はもちろん「both!」と(笑)

ブルーエレファントの赤米とタイ米

最高か…、最高なのか!!

ブルーエレファント・パッタイ

美味しさにやや言葉使いが乱れたところで次にサーブされたのが、「ブルーエレファント パッタイ」。

店名がメニュー名になっているという事は、看板メニューに違いないという、オーダーです。(後日検索してみると、やっぱりそうでした)

ブルーエレファントの看板メニュー パッタイ

大きなエビが入った贅沢な一皿は、むちむちとした米麺と、甘さがたまりません。

これ嫌いですっていう女子、いるなら名乗り出て欲しい…ほんとに。

タイ料理店のデザート

そのあと、ちゃっかりとデザートもいただき、お食事終了…

(実はこのほか、生春巻きだと思って注文した揚げ春巻きもいただきました。女子二人でちょうどよい量)

「ブルーエレファント」ではお土産も買える!

上記、象さんポットの箇所でチラリとご紹介しましたが、ここブルーエレファントが、タイ女子旅に超おすすめな理由として、その「物販の充実度」も挙げられます。

ここで一通りのお土産が揃ってしまうくらい。

調味料、ソース

まずは調味料類から。

ブルーエレファント タイ料理の素

缶詰のココナッツミルク、ジンジャーソース、ピーナッツソースに、にんにくの風味が食欲を増す、スイートチリソース、それから、女子は絶対好きでしょコレ、っていう、レモングラスのドレッシング!

日本ではなかなか買えない種類のモノだと思うので、ぜひ。

タイ料理の素

そして、カレーやトムヤムクンスープが自宅で作れてしまう、タイ料理の素もかなりおすすめですよ。

ブルーエレファント タイ料理の素

もしもここで買い逃した、という方も、空港などで探してみて。

ドライフルーツ

タイ土産の定番、ドライパパイヤ、ドライマンゴーも置いてありました。

200円程度…というお値段も嬉しい!同行者お買い上げ品。

ブルーエレファントのドライマンゴー

オリジナルグッズ

お待ちかね?

オリジナルグッズのポットやタイピン、ブローチ。

タイ料理店ブルーエレファントの象さん型ポット

象さんポットは大きさがあり、一番小さいものならなんと300バーツ(約1000円)、中くらいのものでも400バーツでした。

割れ物なので躊躇しますが、これ、自分土産としてどうでしょうか。こちらも、同行者お買い上げ品。

ブルーエレファントのタイピンとブローチ

そして青い象が本当にお洒落で可愛いタイピンとブローチ。

やや高い印象を受けたのですが、買ってしまいました。

タイ 青い象のブローチ

くぅ~…やっぱいい。買ってよかった!

フー…というわけで、その他、ジャスミンライスや各種タイ料理の素も購入し、ホクホクと帰路へ。

ブルーエレファント タイ料理の素

こんな感じのブルーエレファント、いかがでしたでしょうか。

実は、冒頭でも書いたのですが、現地で、この「ブルーエレファント」と、ガイドブックなどでよく紹介されている「ジムトンプソンレストラン」で迷っている旨を現地ガイドさんに伝え、「断然ブルーエレファント!」とのアドバイスで叶った訪問でした。

(ただ、ジムトンプソンレストランはとにかくお洒落で、タイキュイジーヌの見た目もキュート。雰囲気を楽しみたい女子にはイイと思います。)

ホント、現地ガイドさんの言う事は間違いないや…

みなさまも、ぜひ。

「ブルーエレファント」の店舗詳細、口コミをチェックする!
ブルーエレファントをWEB予約する!(このレストランは予約がおすすめです。)

スポンサーリンク
タイ 持ち物 注意点 準備
タイ女子旅 おみやげ
タイ女子旅 おみやげ
タイ女子旅 スパ マッサージ
タイ女子旅 観光スポット

シェアする