【アユタヤ】そもそもアユタヤ遺跡ってなあに?というお話

シェアする

アユタヤ遺跡

タイにおいて、バンコクやスコータイと並び人気の観光スポットである世界遺産アユタヤ遺跡」。

女子旅計画中の皆様も、オプショナルツアーなどで訪れる予定の方も多いのではないでしょうか。

…というワケでこのページでは、「そもそもアユタヤ遺跡って何?」というお話をご紹介したいと思います。

学んで訪れた方が数倍面白い!
ぜひ最後までご覧ください♪

アユタヤ遺跡のおすすめオプショナルツアー一覧icon

スポンサーリンク

アユタヤの歴史とその規模

アユタヤは、バンコクの北80キロに位置するかつての王朝

アユタヤ遺跡とは

ウートン王によって建都され、ビルマ軍に敗れる1767年まで、約400年の間、栄華を極めました。

チャオプラヤ川沿いにあるアユタヤは四方を川に囲まれ水運に恵まれており、豊かな土地を持ちます。そのため稲作が盛んで、それにより20万人の人々の生活を支えたと言われています。

アユタヤ 首無し仏像

仏教を信仰し、多くの仏像が建てられていましたが、ビルマ軍によってそのほとんどが破壊され、首を落とされた状態になっています。

ワットマハータート

ガイドブックなどでおなじみの、ワットマハータートの木の根に取り込まれた仏頭もその1つなんだとか。

アユタヤ遺跡 世界遺産

91年、ユネスコ世界遺産に登録。

建物の特徴

建物は、レンガで基礎を作り(左画像)、白い漆喰で装飾(右画像)されています。

アユタヤ遺跡の建物の特徴

また、ワット・ラーチャプーラナなどで見られる、柱がない建築様式は西洋式。

他の寺院にはみられない作りはこれだけではなく、祭壇の近くには窓がありません。
この方式は、祭壇の神秘性を高めるためで、これまた西洋の文化を取り入れていると言われています。

また、アユタヤ最盛期の様子が描かれた壁画には外国人も描かれており、かつてのアユタヤが世界と交易を行っていたことの証拠となっています。

アユタヤ遺跡 おすすめの見どころ

さて、そんなアユタヤ遺跡の中心都市は、四方数キロほどの規模です。

さまざまな寺院跡を楽しむことが出来ますが、その中から「ここは見たほうが良いよ!」というおすすめスポットをご紹介したいと思います。

ワット・マハータート

上でチラリとご紹介した、木の根に取り込まれた仏頭があるのが「ワット・マハータート」です。

ワットマハータート

13世紀に建てられた最重要寺院の1つです。

ワット・ラーチャブーラナ

アユタヤ一の大発見がされたことで有名な「ワット・ラーチャブーラナ」。
地下室に数千もの黄金の宝が眠っていました…!

ワット・プラ・シー・サンペット

アユタヤ王朝の中で一番格式高いと言われる寺院。

9代から11代の王の遺骨が納められた美しい3つの仏塔は見もの。

ワット・ローカヤースッター

29メートルの巨大な涅槃像があるのが「ワット・ローカヤースッター」。

大きな足裏を堪能しよう!

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

初代王によって建てられた「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」は、アユタヤ遺跡の中でも大きな仏塔が特徴。

なんと、実際、中に入る事が可能です!

こちらにも、涅槃像がありますよ。

ワットヤイチャイモンコンの涅槃像

アユタヤ遺跡 おすすめの観光方法

…というワケで、以上のような見どころ、アユタヤ遺跡を堪能するおすすめの観光方法を差後に。

楽したい人、女子だけの人なんかはオプショナルツアーの利用がおすすめです。

アユタヤ遺跡のおすすめオプショナルツアー一覧icon

電車を利用して現地までたどり着ける自信のある方は、トゥクトゥクを利用してグルリと回るのも◎
時間は3~5時間、料金は1000バーツ弱?が目安だと思います。

莫大な富を持った王たちによって建てられた数百の寺院…その遺跡は、なるほど、見ごたえたっぷりです!

ぜひ楽しんできてくださいね。