【アユタヤ】仏塔に登って素晴らしい眺めを堪能「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」

シェアする

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンからの眺め

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンからの眺め

今から約650年前に始まり、地の利を生かした交易などで豊かに栄えたかつての王朝アユタヤ

1767年 ビルマ軍の侵攻に多くの寺院、仏像が破壊されてしまい、その退廃的な姿が人気の観光スポットだったりもするのですが…なんと今回ご紹介する「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」は、その戦火を免れた珍しい寺院

…というワケで、そんな「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」について詳しくご紹介します。

アユタヤ遺跡のおすすめオプショナルツアー一覧icon

スポンサーリンク

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」とは?

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」(別名チャオプラヤー・タイ寺院)は、初代国王ラマティボディー(ウートン王)が1357年に建てた寺院。

セイロン(現スリランカ)へ留学し、帰国した修行僧達の瞑想場として建築されました。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン 仏像

ワット・ローカヤースッターよりも小さいですが、涅槃仏もあります。

ワットヤイチャイモンコンの涅槃像

戦火を免れる

冒頭にも書きましたが、「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」は、中心街からやや東にあるため、ビルマ軍の攻撃を免れました。

そのためでしょうか。本堂や仏像(他の寺院ではそのほとんどが首を落とされた状態)がワリと綺麗に残っています。

モンコンの坐仏

市街のランドマーク!美しい仏塔

この遺跡の見どころは、なんといっても、1592年に20代目のナレースエン大王がビルマの侵攻を退け、戦勝記念に建てた仏塔。

この塔は、高さ72メートル セイロン様式の塔です。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

そして嬉しいことに、この仏塔、途中まで登れてしまいます!

実際登ってみた!

割と急な階段を上り、塔内部にお邪魔~…

やや登ったところで振り返ってみると↓意外な高さにちょっとドキドキ。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンに登ってみた

階段の踊り場?のような途中のエリアには、仏像がありました。

他の寺院と同じく、20バーツを支払うと金箔やお花が渡され、お参りすることが出来ます。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン 仏像

さらにその奥には、井戸?のような穴があります。

コインを投げ入れ運試しするのがお決まりの様子。私も他の観光客に倣って落としてみたり。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンでお金を投げ入れる

塔の上から下を見下ろすと、本堂や、仏塔をグルリと囲む坐仏が良く見えます。

なるほど、きれいに残っていますね。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンからの眺め

「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」の場所と観光方法

さて、そんな「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」は、バンコクから北80キロほどの場所にあります。

ここは、人気の遺跡群からやや離れた東にあるので、オプショナルツアーによっては行程に組み込まれていないことがあるかもしれません。

どうしても訪れたいという方は、事前に確認を。
またダメ元?で、当日に「ワット・ヤイ・チャイ・モンコンも見たいなぁ」と伝えると、立ち寄ってくれる可能性もあると思いますよ。

そんなワケで、旅慣れない方、女子旅の方は、オプショナルツアーなどを利用するのが吉。

アユタヤ遺跡のおすすめオプショナルツアー一覧icon

アユタヤ遺跡 オプショナルツアー

電車を利用して現地までたどり着ける自信のある方は、トゥクトゥクを利用してグルリと回るのも◎
時間は3~5時間、料金は1000バーツ弱?が目安だと思います。